ようこそ! 「家庭菜園初心者でもできる秋蒔き野菜栽培」へ

大根・ホワイトスティックの種蒔き



スポンサードリンク

大根・ホワイトスティックの種蒔き
以前普通の青首大根を栽培した際、あまり出来がよくなかったので倦厭していたのですが、今回種苗店でホワイトスティック(ミニ大根)という種類を見つけました。
この大根は、袋にもあるように「ポリポリシャキシャキ甘い大根葉もおいしい」というものです。
普通の大根と違って、根茎が6~8cm、根長が20cm前後と育てやすいサイズで、収穫まで50日ほどと栽培期間も短いので手がかからなそうです。
家庭菜園初心者



菜園プランター:菜園上手深50型(グリーン)[幅50.5×奥行29.5×高さ42.5cm 大根・キュウリの栽培に最適!]

畝幅120cm株間20cmが栽培の標準と書いてあります。
ミニだから株間が狭くてよい、そのうえ根長が20cmということは通常の大根のように深く耕さなくてすむ、ということです。
青首大根は40cm位、長さが半分ですから当然労力が半分で美味しい大根が栽培できるのです。
20cmおきにビンのふたで植え穴を開け、1つの穴に3つずつ種を蒔きます。
土を1cm位かぶせたら上から手のひらで少し押してあげて、土が乾かないように不織布をかぶせます。
まんべんなく水をまいて大根の種蒔きは終了です。
家庭菜園初心者

スポンサードリンク