ようこそ! 「家庭菜園初心者でもできる春蒔き野菜栽培」へ

ミニトマト 雨よけ



スポンサードリンク

ミニトマト 雨よけ
5月29日、ミニトマトの丈が80cm近くになり、最初に立てた支柱では足りなくなってしまいました。
それと同時に、雨よけも低く狭かったので新しくすることに。
去年のミニトマト栽培のときにも書きましたが、トマトには水分を与えすぎてはいけません。
水を与えすぎると、果実に水分が行き過ぎて本来甘い
トマトの味が薄まってしまうからです。
水分が多くなりすぎて成長がついていけなくなってしまったり、果実に直接水がかかると外の皮が破けてしまったり
するので注意が必要です。
これから梅雨に入り、与える気がなくても地中から水分が吸収されるので、屋根はあったほうがよいでしょう。
家庭菜園初心者

ホームガーデンL ミニトマト&スイートバジル


ホームセンターには、トマト用の雨よけ(支柱やシート、
ジョイントが入っているもの)も売られています。
我が家のミニトマトも花が3段目まで咲き、最初についた
実は1cmくらいになっていますので雨対策が必要です。
写真をクリックすると大きい写真が見られます。果実は
わかりにくいかもしれませんが上の写真で探してみて
ください。
新しい支柱は、210cmのものを使用しました。
これで170cmくらいまでは伸びても大丈夫です。
雨よけは、同じ支柱を使って四隅に立てて丈の短い支柱で強度をつけます。
透明マルチを上にかぶせて、その上から不織布をかけて完成です。
家庭菜園初心者

スポンサードリンク