ようこそ! 「我が家の家庭菜園と家庭菜園の基礎知識」へ

市民農園を活用しよう



スポンサードリンク

市民農園を活用しよう
最近、農業への関心が高まり自分で野菜作りをしたいという人が増えています。
知人で畑をやっている人がいれば、その1画を貸していただくという手もありますが、なかなかそういうわけにはいかないのが現実です。
庭が狭い、マンション・アパートで庭がないなどの理由で家庭菜園が始められない人の為に市区町村で市民農園の利用者を募集しています。
家庭菜園初心者

充電式・家庭用 草刈機 『急速充電式トリマー 草刈の助』

私の住んでいる地域では、農家の方が自分で農業をやっていくには歳も取ってしまって広すぎるなどの理由から何も作っていない農地、農業はもうしないのだけれど農地をどうしよう、という農地に対して有効利用を図るために市民農園を開設する費用を補助する制度があります。
利用者の募集や書類の作成などの情報を提供してくれます。

さて、家庭菜園を始めたいと思われている方ですが、各市区町村や地元の農協などに問い合わせると詳細を教えてもらえます。
設備や広さによってかなり値段に差があるようなので気をつけましょう。
ちなみに私の住んでいる市では、ちょっと調べただけで2ヶ所。
1ヶ所は、期間2年で、広さ30㎡、管理人指導員がいて給排水あり、農具堆肥もあり、休憩所あり、駐車場あり、といたれりつくせりで通うのにほとんど荷物がいりませんが、年間4万円とかなり高額。
もう1ヶ所は、期間1年、広さ20㎡、管理人指導員なし、給排水なし、農具堆肥なし、休憩所なし、駐車場なし、とないないづくしですが、年間500円とかなり格安で借りられます。
あなたならどちらを選ぶでしょうか。

スポンサードリンク