ようこそ! 「我が家の家庭菜園と家庭菜園の基礎知識」へ

コンテナ・プランター選び



スポンサードリンク

コンテナ・プランター選び
コンテナ・プランターは土を入れることの出来ないマンションのベランダなどでの栽培に適しています。
その他ミニトマトなど、あまり水を与えないほうがよい野菜はコンテナ・プランター・植木鉢などで栽培するのもよいでしょう。
梅雨などの雨が続くとき、トマトやミニトマトは水分過多にならないように屋根をつけて雨から守ります。
家庭菜園初心者

深型菜園プランター650用 支柱・防虫ネットセット

トマトは大きくなるのでコンテナでは無理だと思いますが、ミニトマトならばコンテナ・プランター・植木鉢どれ でも大丈夫そうです。
軒先に置いておけば畑に行かずに必要なだけのミニトマトが収穫できるというわけです。
そのうえ屋根を作る必要もなしなのです。
その他の野菜をコンテナ・プランターで栽培する場合、コンテナ・プランターはなるべく土がたくさん入る深いも のにしましょう。
底が二重になっているものがよいでしょう。
水遣りの後に底に水が溜まってしまうと根腐れしてしまうので一方の側面の下のほうに水抜きの穴を開けます。
たっぷり水遣りをしたら、コンテナ・プランターを傾けて余分な水を流すようにしましょう。
花を植えるものと違い、根が張るので深さが30cm位のものをお勧めします。
土は市販されている培養土を使いましょう。

スポンサードリンク