ようこそ! 「家庭菜園初心者でもできるイチゴ(苺)・ハーブ栽培」へ

植え付け後



スポンサードリンク

イチゴの植え付け後
植え付けが終わって活着したら、少しづつ水をやるのを控えめにしていきます。
イチゴは家庭菜園であれコンテナ栽培であれ、11月いっぱいくらい(地域によってかわります)成長します。
写真のようなランナー(わき芽)が次々と出て、つぼみが出来て花が咲いてきます。
しかし、このわき芽や花は栄養がそちらにいってしまうので、出てきたら摘み取るようにしましょう。
家庭菜園初心者

育てるたまご ワイルドストロベリー(S) EG-36

クリスマスなどの寒い時期に出荷しなくてはならないイチゴの農家では、ビニールハウスで暖かくして育て花を咲かせて実を生らせて収穫するのです。
我が家では11月22日に追肥をしました。
植え付け時と同じ、いちごの肥料というイチゴ専用の肥料です。
小さじ2くらいを株元から少し離れたところにそれぞれ与えます。
コンテナやプランターで栽培している場合は、イチゴの苗や根に触れないよう端に追肥します。
それと同時に、土の表面が少し固くなっていたので、コテで掻いておきました。
霜が降りるまでは、雑草も生えてくるので気がついたらとっていきます。

スポンサードリンク